カテゴリー: 未分類

薄毛対策をしたい

薄毛対策をしたい、と思っていても、化学薬品のようなものに抵抗があるという場合は、天然由来のグレープシードオイルはいかがでしょうか。

文字通り、ブドウの種からとれる植物油で、食用としても、そしてマッサージオイルとしてもよく知られており、頭皮を良い状態に保つために是非補っておきたいオレイン酸、そしてビタミンEがたっぷりと含まれたオイルです。

べたつかずサラリとしたこのグレープシードオイルを少量手に取り、頭皮に軽くすりこむような感覚でマッサージを行なうと、すぐに頭皮に浸透していくのがわかります。

頭皮のトラブルを改善し、フケ・かゆみを抑え、頭皮を良い状態に整え、結果的に育毛につながることになります。

加えて、このグレープシードオイルは、サラッとしていて香りもほとんどなく、髪につけるとツヤを出してくれるので、トリートメントとして使ってもよく、髪のコシを強くしてくれるそうです。

雨上がり決死隊の宮迫博之さん、コンビでソロで、また俳優としても大活躍ですが、父方の先祖代々が薄毛だったそうでこのままいくと、普通に自分も薄毛が進むだろう、と若いころから危機感は持っていたそうです。

実際、少し薄毛が進んだかも?と他人の目に移る程度までになっていたようですね。

しかしながら、この人は育毛の努力を真剣にスタートさせました。

頭皮の清潔さと健康を保つことを続けて、今ではもう、彼が薄毛キャラに片足を突っ込んでいたことなど、覚えている人は少ないのではないでしょうか。

有名な芸能人の宮迫さんが、自らの毛髪で、育毛の効果を見せてくれましたが、頭皮の健康を考え、清潔に保ち、毛髪にとって適した環境に整えるという方法は、とても有効のようです。

育毛に成功しているからでしょう、育毛用製品のコマーシャルにも出ていますね。

タンパク質の含有に富んでいる乳製品は、育毛にはおあつらえ向きの食べ物です。

殊更チーズからはL-リジンという必須アミノ酸を摂ることができます。

これは育毛治療の際に使われることが多い成分のミノキシジルの働きを向上させる特徴を持っています。

この事から、積極的に取り入れることが推奨されます。

ただし、過剰に摂取するとカゼインという乳製品が持つ成分が他の栄養素の吸収を阻害するので、分量に気を付けるようにしてください。

血液成分の一つである血小板は、血液凝固に関する働きでよく知られていますが、この血小板に働きかけて、血液がなんとか通り抜けることができるような、一番細い毛細血管内においても血流が滞らないようにし、また、毛細血管それ自体を拡張させる働きもする物質が、グルコサミンといって、甲殻類の殻などによく含まれている物質です。

血流が良くなったり、毛細血管が拡張されたりするのは、育毛にとっても大きなメリットとなります。

グルコサミンの作用で、栄養や酸素などを含む血液が隅々までよく運ばれるようになり、身体の末端、頭皮の毛細血管にまでちゃんと届けられ、髪の成長に大きく関係する毛乳頭という部分にちゃんと栄養が補われ、これが育毛を促します。

これがよく知られるようになってきて、比較的新しい育毛剤には有効成分としてグルコサミンが添加されているものも、多く見られるようになってきています。

誰でも一度は、ワカメが髪に良いという話を聞いたことがあると思いますが、確かに、海藻は身体には良いものの毛髪に直接作用する訳ではない、というのがこれまでの常識でした。

けれども、海藻のフコイダンと呼ばれる成分が毛髪を成長させる毛母細胞を活性化させるIGF-1の素になっていることが明らかになりました。

IGF-1は、ソマトメジンCとも呼ばれていて、海藻以外にも、大豆や唐辛子を食べることによって生成されることが認められています。

AGAを発症する原因としてまず挙げられるのは、遺伝的な要素も強いですが、DHTのような男性ホルモンによる影響も大きいです。

それから食事や睡眠などの生活スタイル、仕事やプライベートのストレスも補助的要因として考えられるでしょう。

けれども今の時点でメカニズムが明確にわかっているのは、ジヒドロテストステロンによる影響です。

皮脂腺で分泌される酵素により男性ホルモンがやはりこれも男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンに変わり、その結果、毛母細胞からの発毛と頭髪の維持を抑止していることがわかり、薬の開発などに役立っています。

心身の不調、いわゆるストレスによって脱毛がじわじわと、あるいは一気に現れることがあります。

俗に十円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症はその要因にストレスがあげられています。

それにM字に生え際が薄くなっていく男性型脱毛症の場合も過度なストレスが背景にあることが少なくありません。

一般に人は危険やストレスを感じると体内のホルモンの分泌に変化が現れます。

男性ホルモンはAGA発症に強く関わっているため、なにかしらのストレスが発症要因になっていることは想像にかたくありません。

多くの男性にとっては、特に重要視されていないこともありますが、正しい育毛の準備としては、クシを真剣に選びましょう。

使うくし次第では抜け毛に対する効果が左右されることもありますし、育毛という視点に立ったクシをセレクトできるようにしたいですね。

ブラッシングは頭皮を整調し、育毛の環境条件を強化しますから、クシを選ぶことははきわめて決定的な問題なのです。

何本かのくしを、状況によって使い分けながら、髪を手入れする人もいるほどです。

近年、その有害性が様々に指摘されているタバコですが、これは頭皮にも良くありません。

タバコに含有するニコチンは血管を細くする作用があります。

血行が阻害されることで血圧が上がり、頭皮の血行も悪くなります。

こうなると毛母細胞(毛髪の素になる細胞)に十分な栄養がいかず、働きが弱まってしまうため、薄毛や抜け毛を進行させてしまうのです。

本気で育毛するなら、タバコを止める努力が必要になります。

以前、思わず信頼してしまいそうな育毛のヤラセ?記事に出会ったことがあります。

大手の雑誌に掲載されたもので、よく見ると紙面の端に[広告]とあり、なるほどと思いました。

雑誌の他ページと同じようなデザインだったので、思わず「新説?」と思ってしまいました。

これがタウン誌などになるとほとんどが広告になってしまい、不正確なものも溢れており、注意しなければなりません。

抜け毛の人すべてが男性型脱毛症(AGA)というわけではありません、という文章を見て「えっ、ほんと?!」と驚いた人は、積極的に知識を補ったほうが良いでしょう(答:本当です)。

薄毛の要因はさまざまですので、薄毛対策をするのでしたら、あわてず、よく調べて、自分に合った正しいケアを選ぶようにしましょう。

おかしな方法を試して、育毛効果があるどころか、抜け毛が増えたりしては困ります。

体質的なものとして単純に片付けられるものでしょうか。

それとも正しいケアでしょうか。

医療や科学的な理論に基づいた根拠があるのか、どんな症状に効果があるのか(ないのか)、積極的にクチコミを収集して知識を増やしたうえで導入するようにしましょう。

自分に合わない製品や方法を、すぐに使用を止め、悪化するようなら皮膚科医に相談するようにしてください。

男性型脱毛症(AGA)専門の病院にかかり、薬をもらったり治療などを続けていても、日常的に乱れた生活習慣を続けていると治療の効果は思うように出ないでしょう。

規則正しい食生活を心がけたり、ストレス解消などを行うのも大事ですし、睡眠時間をしっかり確保することも大事です。

睡眠の質が低いとそれだけでストレスになりますし、おまけに新陳代謝も悪くなりますから毛髪や肌への影響も大きいのです。

毎日、髪に使うものと言えば、くしやヘアブラシではないでしょうか。

最も多い回数、頭皮や髪と直接触れ合うもののため、育毛の最中はそれに適したくしやヘアブラシを選ぶことが重要になります。

くしの先の形が鋭いものだと、頭皮を痛める場合がありますし、ナイロンブラシは静電気で毛髪が絡むので使用は控えた方が良いでしょう。

これらの製品よりは値段が高くなってしまうものの、天然素材100%を謳った製品を選んだ方が髪や頭皮のためになると思います。

頭皮が湿った状態だと育毛剤の効果が出にくいので、きちんと乾燥した状態で用いるようにしてください。

その時には育毛剤をちゃんと行き渡らせる為にも、指の腹を使い頭皮全体にじっくり揉みこむようにして使っていきましょう。

それに、育毛剤を試してもたちどころに効果が出てくるというものではありませんから、短くとも6ヶ月は使い続けてください。

マカは、滋養強壮や精力剤として使用されることが多いように思いますが、実は育毛に関する効果も期待できるのです。

全身の血行の不良が原因で、毛乳頭に髪の毛を育むのに必要な栄養素がうまく行き渡らずにいるということが挙げられます。

マカには、ビタミンEを始めとしてアルカロイドやデキストリンといった成分が含まれているのですが、これらは、細くなった血管を拡張する作用や血流改善効果が挙げられるでしょう。

体全体や頭皮の血行が促進されると現在の医学でAGA対策をする場合、治療方法は大きく分けて2つあります。

患部への薬の塗布、薬の内服といった身近な方法のほか、じかに有効成分を毛根へ注射で与えるという病院の中でなければできない外科的な処置があります。

単純にどちらかが効果的だと言えるものではありません。

それぞれ体質や症状の出方等で効果は異なり、他人に効くからといって自分に効くわけではありません。

従って最適な処置は何なのかを病院で判断してもらった上で治療にとりかかることをお勧めします。

男性の進行性の脱毛症のことをAGA(男性型脱毛症)と言います。

テストステロンによる体の変化と連動するものの、自覚は30歳前後が最も多く、おでこがだんだん広くなる感じで薄毛になり、毛のない面積が増えていきます。

また頭頂部やつむじの抜け毛も同時に進行していきます。

何がAGAを引き起こすのかは、以前から研究対象になっていましたが、複合的な要因であること以外にまだ解っていない部分が多いのが現状です。

ただ、男性ホルモンの中でも特にDHTがAGAに多大な影響を与えるものということがわかってきました。

世の中には、驚くような金額を育毛にかけている方も珍しくはありません。

ただお金をかけるだけでは、嬉しい変化が見られるとは限らないので、そもそもの薄毛の原因を知らないことには始まりません。

むやみにお金に頼るよりも結果として努力をしている人の方が健康な髪の育成に繋がっていく場合がほとんどです。

特別な何かを始める前に、まず髪にいい生活をすることから意識してみてください。

育毛のために良い食べ物は何かと聞かれれば、海藻類、例えばワカメや昆布を思い浮かべる人もたくさんいるだろうと思いますが、本当のところあまり育毛促進効果がないだろうとの説がいわれています。

同じものばかりを食べるようなことではなく、食べ物の中でもタンパク質、ビタミン、ミネラルの含まれるものをまんべんなく食べることが必要となるでしょう。

また、適切な量を守って食べ過ぎないように気をつけていくことも大切です。

毎回シャワーだけでお風呂を済ませてしまうよりも、育毛にはゆったりと湯船に入って温まる方が効果的なのです。

充分にお風呂の時間を確保できる日には、30分程度の時間、熱くない程度のぬるめのお湯で半身浴を実施すると体内の血液の巡りが良好になって、育毛に大変良い結果をもたらします。

半身浴で入浴中に一緒に頭皮マッサージをするとより育毛促進効果が上がるのです。

また、頭をシャンプーするときには、お湯で念入りに洗髪前に頭皮の皮脂を落としてあげることも育毛や頭皮環境改善には重要です。

男性の育毛に必要な栄養(成分)は、細胞の回復時に必要なビタミン群、タンパク質、ミネラル、亜鉛、酵素などです。

亜鉛は微少金属ですが、男性の場合は育毛以外に代謝されるため、とくに不足しがちです。

栄養が偏っていたり、全体的に不足していると、基本的な代謝が落ちるだけでなく、髪や地肌など生命維持にあまり影響のないところへは栄養があまり回らなくなります。

栄養同士は相互に作用して体内で育毛に必要な物質を作ることもあるので、バランスも考えた食生活で、体全体の代謝を高めるようにするべきです。

血液内の準備が整ったら、頭皮や毛根での代謝(栄養と老廃物の交換)がスムーズに行えるよう、マッサージや運動などで血行を促進させるのも効果的です。

実際には、入院でもして厳密な栄養計算をしない限り、食品栄養バランス表に適った食生活はできないと言います。

育毛のためならば、サプリメントで補完するようにすると手軽で確実な方法でしょう。

単品サプリは価格も低く、自分に合ったものなら続けて損はありません。

育毛薬や発毛薬を使う人も、最近ではプロペジアやミノキシジルは育毛を進める薬を飲めば、悩みの種となる薄毛によりよく働くこともあるはずです。

種類も多いこれら育毛薬ですが、医者の処方がないとダメですが、ものによっては個人輸入代行などで、安価で買う人もいます。

ただ、安全面に問題があるので、やらない方がよいでしょう。

髪の量が少ないことを悩んでいる人たちによくあることとして、いつも同じものばかり食べていたり、食事の時間や内容がめちゃくちゃだったりする場合がよくあります。

毎日の心がけとして栄養豊富な魚を食べて頭髪の活性化に利用しましょう。

特に青魚が含有しているDHAやEPAは血液のドロドロ状態を改善し、サラサラにする効果が期待できるでしょう。

体のすみずみまで新鮮な血液がスムースに巡り、心臓よりも高い位置にある頭皮まで栄養がしっかり届くようになることで育毛が可能になるという理論です。

一日一日の食事で魚料理を食べる習慣を少しずつ身につけていくというやり方で、頭皮も体も活性化されるため、肉を減らし、替わりに魚を食べることを頭においてください。

リーブ21というと、毛髪クリニックとして有名ですが、このクリニックが2016年、ウーロン茶の成分に育毛効果を見込めるという研究結果をまとめました。

少し詳しく話しますと、主な薄毛の原因はDHTという男性ホルモンから変化したホルモンで、ウーロン茶はこの変化を促す酵素の働きを抑えることで、AGA(男性型脱毛症)対策に効果的だという発表でした。

ですが、安易にウーロン茶を飲み続ければ、薄毛が改善されるかどうかは、まだ分かっていません。

髪に元気を取り戻したいと考えているならば、まずはアミノ酸が重要になってきます。

育毛を考えるとき、アミノ酸は絶対に必要な重要な成分のうちの一つです。

この世には多くの種類のアミノ酸が存在していますから、バランスよく、穀物、豆類、卵、大豆製品、魚類等々を取るように心がけてください。

さらに、アミノ酸はアルコールを分解するために使用されてしまうので、飲酒は節度を守るようにしましょう。

もしAGAの治療をしていくのであれば、生活の内容自体を正していくことは進行性であるAGAの症状を緩和し、育毛に適した体質に変えていく上で非常に重要です。

毛髪を作るために必要な栄養素にはよく亜鉛サプリが良いと言われますが、ミネラル、ビタミン、コラーゲンなども大事です。

栄養計算とまでいかなくても、意識的にそれらが多い食べ物を毎日の食卓にのせるようにすると、頭皮の代謝や毛髪の健全な育成のサポート役として効果を発揮してくれます。

ただ、量を多く摂取すれば効果を発揮するという類のものではないですから、あくまでも持続的に、バランスよく続けていくことが肝心です。

最近、育毛対策としてエステ通いをする成人男性が沢山います。

エステティシャンによる頭皮のケアで、みるみるうちに、元気な髪が育成されるでしょう。

とは言っても、それなりの施術にはそれなりの費用がかかりますし、多忙で、続けられる自信が無い方もいるのではないでしょうか。

育毛クリニックと比較してみたとすると、 目覚ましい効果は得られない、という声もあるでしょう。

薄毛の要因次第では、育毛効果を、エステで100パーセント引き出せるとは言えません。

末梢の代謝機能を改善し、血液の流れを良くするのは、すでに出てしまっているAGAの症状の抑止に有効です。

そのためにはまず体を冷やさないことが大事ですから、血行が悪くなりやすい「足」を温める足湯は効果的です。

足湯はダイエットにも有効なので家電専門店などに行けば足湯マシンが何種類も並んでいると思いますが、家にあるバケツや大きめのたらいでも効果が得られます。

ただし、お湯が冷えるまでやってしまうと逆効果ですので注意してください。

原因や種類など様々なタイプの薄毛の悩みがありますが、中でも難しいと言われるのがおでこの部分で、さらにごまこそうにも難しい部分です。

生え際が気になってきたら、専門的な検査を受けてAGAかどうかを調べてみましょう。

専門的な治療が必要なAGAとは別のタイプと診断されれば、頭皮をほぐすマッサージや、育毛剤の中でも浸透力の高い物を使うのがオススメです。

特におでこは気になり始めたらすぐに対策をスタートするのが良いと思います。

試した人全員が実感するほどではないとは言いますが、育毛のためにはお茶が良いとも言われています。

つい欲しくなってしまう缶コーヒーとか清涼飲料水などは糖分や保存のための添加物などたくさんの余計なものが含まれていますから、お茶を飲む習慣にすると体にも髪にも嬉しい効果が期待できます。

もちろん、お茶なら飲むだけで簡単に含まれるミネラルやビタミンが摂取できるのが嬉しいポイントです。

ルイボスティーとかゴボウ茶は、数あるお茶の中でもたくさんの栄養が含まれていて、育毛にも効果が期待できます。

頭髪が徐々に薄くなるAGAが発症するかどうかには個人差はあるものの男性ホルモンの影響が強いと考えられています。

テストステロンというごく一般的な男性ホルモンが体内で合成される5-α還元酵素という物質により別のDHT(ジヒドロテストステロン)になることで髪の成長が抑制されることがわかってきました。

5-α還元酵素がどのように分泌されるかは遺伝子による差があるので、薄毛というのは遺伝的な影響を強く受けていると今でははっきり断言することができます。

あわせて読むとおすすめ⇒m字を市販の育毛剤では?

Categories: 未分類